感染症で痒くならないためにも肌にバリアを作ろう

原因がアレルギーでない時

アレルギー反応と感染症の違い

アトピーの痒みで急に痒くなる時はアレルギー反応によるものです。しかし、どこにいてもずっと痒い、という状態であれば何らかの感染症で悪化している可能性があります。感染症は放っておけば治るものではないので、気をつけましょう。

感染症を防ぐために行なうこと

感染症になるのは、皮膚の掻き傷から菌が繁殖することが原因になります。もし、掻き傷がある場合はきちんと消毒を行ない、外部から侵入されないようにクリームタイプの保湿剤を使うと乾燥も防げて効果的です。

肌をコーティングする化粧品は

感染症を防ぐためにも皮膚をコーティングしてくれる化粧品を探しましょう。純度の高い保湿クリームや天然成分が使われている化粧水は、コーティングの役割と保湿の効果があるのでアレルギー細菌から身を守れます。

自分に合った対策を探すために

優れた化粧品やアトピー対策の用品を使っても、自分の肌に合わなければ意味がありません。化粧品が合わなければ、お風呂で使用する入浴剤タイプを使用してみるのも有効的な手段の一つと言えるでしょう。