刺激の高い成分はアトピーの天敵!低刺激の化粧品を選ぼう

スキンケア化粧品の選び方

気化するアルコールとエタノール

化粧水やメイク落としには、アルコールやエタノールという成分が含まれている場合があります。この成分は気化する性質があるため、肌に付着した水分を奪ってしまう可能性があり、乾燥を悪化させてしまうこともあるでしょう。

ミネラルオイルの浸透性に注意

ミネラルオイルは、別名「鉱物油」と呼ばれており、石油由来になっているものがほとんどです。健康な肌には保湿効果の高さからも有効的ですが、肌の性質が異なるアトピーでは浸透しすぎて肌に残り刺激になってしまう可能性もあります。

価格が安い化粧品の盲点とは?

価格が安い化粧品は、安い理由があります。その理由に関しては国産でなかったり、安価な化学成分を使用していたりといった部分が考えられます。中には、販売者独自の検査で売り出されているものもあるので、そういったものは信頼性がないと言えるでしょう。

必要な菌までいなくなる殺菌作用

殺菌作用のある化粧水は効果的ですが、使いすぎると皮膚に必要な菌まで殺菌してしまうので肌のバリアのバランスを崩してしまうことにも繋がります。特に、洗顔やお風呂上がりに使用するのは避けるべきと言えます。

ビタミン類は再生効果が向上する

ビタミンが含まれている化粧品は、肌の再生効果を向上させてくれます。特に、アトピーのような肌のシステムがおかしくなっている場合には、元の正常な肌に戻す効果を持つビタミン類の化粧品がうってつけと言えます。