アトピー改善に効果的なお風呂の友!入浴剤編

アトピーとは一体何なのか?

アトピーと空気中の塵や埃などのアレルギーを引き起こしてしまう物質に対して過敏に反応してしまう体質になります。また遺伝的な性質も持ち合わせていますが、発症の原因は環境によるものになります。

お風呂場で治せるアトピー

アトピーはお風呂NG?気になる真相

アトピーはお風呂に入ることで炎症を起こしたり、水温によって反応が出てしまうという事からお風呂には入らないほうがいいという皮膚科もいます。しかし、皮膚の汚れが蓄積することでアトピーが悪化してしまう可能性もあるので入浴は必須でしょう。

お風呂場で実践するアトピー対策

入浴する際は、なるべく水温を高めに設定しないようにしましょう。高い水温は、弱った肌にダメージを与えてしまう可能性があります。また、浴槽に浸かる場合は塩素を抜くためにビタミンCの添加された低刺激の入浴剤を使うといいです。

低刺激性のシャンプーで頭皮ケア

アトピーは手足だけでなく頭皮にも痒みを生じさせることがあります。そのため、シャンプーを利用する場合はなるべく化学薬品を使用していないものを使用しましょう。入浴後に、頭皮全体に保湿液を使ってみるのもいいですね。

入浴後のケアにはオーガニック化粧水

入浴後は、肌が綺麗な状態になっています。この状態をキープさせる為にもオーガニックの化粧水を使用したり、刺激の少ない保湿クリームを使ってケアをしたりすると肌のバリアの役割を果たすため効果的です。

アトピーは乾燥肌から発症する可能性も?

冬場は空気中が乾燥し易い状態が長く続きます。乾燥肌を放っておくとアトピーになってしまう可能性もあるので、季節の変わり目として秋頃から保湿効果の高いクリームや化粧水でケアをしておく方が望ましいです。

アトピーに効果的な化粧品口コミ

ベタつきのなく、サラっとした使い心地

保湿効果の高い物をずっと探していました。使うときには、化粧水のような使い方がいいかと思い、そのように使用しています。腕全体に使ってもベタつき感じませんし、衣服をつけてもサラサラしている印象ですよ。

天然由来成分で安心して使えます。

パラベンが使われているものは自分の肌には合いませんでした。痒くなって炎症を起こしてしまう為、成分表にパラベンフリーの記載がある商品は有難いです。使用されている成分も天然の物なので安心できます。

洗顔後の化粧水の代わりには絶対コレ!

顔を洗ったあとがものすごい痒かったけど、いろんな口コミを見てこの商品に出会いました!コットンを使ってケアをすると痒みがないです!匂いもかすかに花の香りがするから、使ってて気持ちがいいですね。

娘の入浴後に使用しています。

今年5歳になる娘の入浴後の保湿に使っています。この商品を使うまでは入浴後も良く体を掻いており、掻いちゃダメとよく注意するのですがどうしても痒いようでした。これを使ってからは痒みもないようです。

どれも肌に合わなかったけどこれはオススメ

今までいろんな化粧水や保湿クリームを使ってきたけどどれもダメでした。私の肌に合うものを探していた所、テスターとして店頭に置いていたこの商品と出会ってからは常に2個ぐらい買っています。

【PR】
洗顔石鹸選びにこだわる。
トラブルのないクリアなお肌へ。 【PR】
エアブラシでメイクを楽しむ。
より、美しいお肌を演出できる!優良アイテムまとめ。 【PR】
洗顔石鹸選びにこだわる。
お肌の汚れをしっかりと洗い流すアイテム☆

アトピーに対する様々な疑問にお答えコーナー

アトピーってよく聞くけど何?

アトピーとはアレルギー反応のことを指します。一般的にはアトピーと言う言葉の後に病名が付き、アトピー性皮膚炎などが多いです。皮膚のアレルギー反応の為、患部には強烈な痒みなどが出てきます。

ステロイドって危なくないの?

ステロイドはアトピー性皮膚炎の患者に使用される軟膏の成分に含まれています。含まれている量も微量なため直接的な害はありません。しかし、強い効果を持つステロイド軟膏の場合は副作用の注意が必要になります。

乾燥しやすい肌だけどこれはアトピー?

アトピーの場合だと乾燥やヒリヒリとした痛みを感じることがありますが、そのような症状がなければ肌の細胞に潤いが足りていない乾燥状態と言えます。乾燥を放っておくと痒みが生じることもありますので、保湿をしましょう。

アトピーって親から子供に遺伝するの?

アトピーを遺伝してしまう可能性はゼロではありません。しかし、親や身内にアトピー性の疾患を抱えている方がいるからといって必ず発症する訳でもないのです。体質は、環境によって良くも悪くも変わってきますので、発症しないように清潔にするなどして注意しましょう。

効果のあるアトピーの化粧品って何?

アトピーに対して効果のある事は保湿になります。皮膚の異常から乾燥肌になり痒くなってしまうことが多いので、なるべくは肌の内側から水分が出ていかないように皮膚をコーティングする目的の化粧品がいいでしょう。